医者

23区で人口が一番多い

診療所の利便性が重要

医者

少子高齢化の影響で人口の減少が顕著になっていますが、世田谷区は依然として人口の流入が続いており。23区で一番人口が多くなっています。世田谷区内では都心への通勤や通学で夜間人口が昼間人口より多くなっています。世田谷区の内科は診療時間を工夫して通勤や通学で日中診察に通えない患者への対応をする必要があります。最近は企業における勤務形態の多様になっているので画一的な診療時間の設定で通うことのできない患者も増えています。世田谷区は住宅地域が多く、また単身世帯が多いのが特徴です。内科の診療を受ける患者は出来るだけ近くで家庭医のような存在を内科医に求めています。こうした要望に応えられるかどうかで内科医の信頼度が影響されることになります。

提携する病院を必要

最近は大学病院のような大きな病院では初診を受ける際には紹介状が必要になっています。大病院と地域の病院の役割分担を明確にしようとする行政サイドの政策によるものです。こういうことを通じて医療費の削減を図ることも目的となっています。内科にとして地域に受け入れられるためには提携する大きな病院が重要です。緊急時にすぐに対応する病院や近代的な設備を備えた病院などと提携していることが地域の内科の評価を決定する時代を迎えています。最近は生活習慣病のために内科の診療を受ける患者が増えておりますので、人間ドックなどへの対応も必要な診療科目になっています。医療費を抑えるための予防医療やジェネリック薬の使用など内科医の役割が重要です。